コヤマングローバルの日記

うつで、入院も経験、2年9ヶ月休職して15年6月から復職した、外資系の会社に勤める者です。うつとよりそいながらの日記や社会・政治・経済・書評・スポーツなど諸々のことを思うままにアップします。

ブラッター辞任。アメリカの執念。

FIFA会長のブラッターが辞任を表明しました。

私が昨夜の(正確には6月3日の午前2時頃)ブログをアップして間もなくして、記者会見を開いたようでした(突然の記者会見で記者15人しかいなかった)。

www.sankei.com

  • ブラッター氏も捜査対象との報道もあり、追い詰められてきた
  • 辞任しても、次期会長決定は早くても12月。それまでは会長職で留まることができ、辞任後の影響力の確保するための時間を稼げる

ことから辞任を決意したと思います。

ひとつまえのブログに書いたように、欧米対それ以外の構図は、このブラッター辞任によって、欧米の勝利の一歩になりました。ただ、アメリカは今回のブラッター辞任表明後も、捜査の追及の手を緩めることはしないでしょう。

FIFAの汚職が大きいから捜査が行われたところもありますが、ただそれは表向きの理由、正義の隠れみので、本当の理由は、アメリカの国益が著しく損なわれたからです。アメリカ又は欧米の利益になるような体制やルールづくりを目指すはずです。

アメリカは本気を出しました。

 

話しは飛びますが、私は、中国の南シナ海進出に対するアメリカの警告の度合いも、今後どうなっていくか注目しています。

こちらも本気を出すかどうか。

 

ではでは。