コヤマングローバルの日記

うつで、入院も経験、2年9ヶ月休職して15年6月から復職した、外資系の会社に勤める者です。うつとよりそいながらの日記や社会・政治・経済・書評・スポーツなど諸々のことを思うままにアップします。

かけがえのない友との再会 in 名古屋(うつうつ日記⑨)

http://www.flickr.com/photos/37825748@N03/6572328233

photo by jessevaughan

先週金曜日10日は、仕事を少し早めの夕方17:20位にあがらせてもらって、品川から新幹線に飛び乗って、以前住んでいた(2002/1〜2008/6)名古屋に行きました。

  • 10日(金)夜:ビジネススクールで特に仲が良かった友達3人と飲み会(1人は4月に再会済だけどその時は2011年以来、もう2人は2012年春以来の再会)
  • 11日(土)午後から夜:ビジネススクールの卒業メンバーの中で3か月に1回行っている近況&ディスカッション会&飲み会(うつから退院後、15年1月下旬に12年春以来の参加、その後は4月、そして今回)

メールでやり取りはしていましたが、どちらの会でも、ありがたいことにみんな、わたしの回復と復職を喜んでくれました。11日(土)午後からの定期会は、1月から復帰して3回目だったので、もう定期的なやり取りに近くなりましたが、感動的だったのは、ほんとに久しぶりに会う2人を含んだ10日(金)夜の飲み会でした。

 

わたしが行っていたビジネススクールの授業は、1コマが2週間に1回(土曜日で1コマ3時間)の3か月、計6回が1クールで、MBAのコースは卒業に確か30コマ位必要でした。2コマ取ると、毎週受けるか、隔週で1日2コマ6時間受けるという(予習、復習欠かせず、授業中は発言の質・量の採点があり、最終回にはレポート提出)、それはそれはハードで、今の状態だったら絶対通えないものでした。

それで、名古屋の受講生の方々は、とにかく結束が強くて、授業の後の「懇親会」と称する飲み会がメイン(東京校や大阪校の授業も受けたことがあるので違いわかる)な感じもありました。

すごいときは、受けた午前クラス(10:00〜13:00)が終わって、昼食兼懇親会が始めり、延々とぐだぐだと飲み場所を変え飲み続け、午後のクラス(14:00〜17:00)の懇親会に合流して、まだ続けて夜のクラス(18:00〜21:00)の懇親会にも合流し、気づいたら夜が明けていたなんてこともありました。授業は二の次で、懇親会を楽しみに行っていたようなこともありました。飲み代だけでも、卒業までに2-300万位使ったのではと思います。まさに、学生時代のクラブ活動(ただし夜の)みたいなもんでした。

当然、それだけの時間、クラスでの苦楽(ほんとにきつかった、初めての受講から卒業まで5年かかった)、アルコールを共にして、絆が深い、ほんとに仲が良い友達が何(十)人も出来ました。特に、会社外での利害の無い絆は、かけがいのない、貴重なものでした。

 

その絆も、2010年春の卒業(2008年からは浜松から通っていました)後も続いていましたが、うつになり始めた2011年からだんだんと名古屋が遠のきました。そして、東京に転勤して3か月後に、うつが悪化して休職した2012年秋から、心身のエネルギーが決定的に枯渇し、スクールの友達とは(それも2-3人)最低限の連絡(メールで数か月に1回ぐらい)しか、取れなくなりました。

スクールの友達たちは、フェイスブックで近況を毎日のようにアップしていた(らしい)のですが、フェイスブックを見るというか開く気が起きませんでした。いきいきと活躍していたり、楽しいことをアップしているのを見れませんでした。

その後、自宅療養〜入院を経て(経緯は過去のうつうつ日記を参照ください)、昨年2014年12月に退院して、年が明けて1月初めにやっと、自分の写真をフェイスブックにアップすることが出来ました(それまでは写真なしの登録状況でした)。そして徐々に、フェイスブックを見れるようになって、仲が良かった女友達が転職したり離婚してたり、違う女友達がとうの昔に出産してたり、わたしと同じようにうつになった(わたしよりは軽かった)男友達が突然転職してたりとかを知って、完全に友達社会から隔絶していたことに、がくぜんとしました。

 

うつのつらいところのひとつとして、心身のエネルギーが枯渇して、人とのやりとりが、少なくなるかできなくなって、友達や社会的なつながりが、薄くなるか、切れてしまう、ところがあります。わたしの場合、まさに、2012年後半から2014年末までの2年半、がそうなりました。

今年2015年1月から自宅からNTT東日本関東病院のリワークに通って、パワーも徐々についてきて、1月下旬に2年半か3年振りに名古屋へ日帰りで行って久しぶりの卒業メンバーの有志会に参加してきました。そして4月に今度は泊りで有志会だけでなく、今までで一番仲の良かった友達と会ってきて、わたしの回復を喜んでもらいました。

そして、復職した6月16日に、フェイスブックで卒業メンバーの会に、うつを患ってずっと休職して入院もしたけどなんとか復職できたと、告知しました。その時に、よかったよかった、ぼちぼち行きましょう、ずっと心配していた等のうれしい返事をいくつかもらいましたが、その中でも強い返事をくれた仲の良かった友達2人(男性&女性)と、4月に会った友達(男性)とで、飲み会を開いたのでした。

www.zazahanare.com

スクール受講時に、何十回も行ったことのあるお店です。大きな座敷もあり、個室もたくさんあり、使い勝手がいいです(広くて、トイレに行った帰りよく迷う)。今回は4人が入る個室を、わたしが予約して利用しました。

スクールに通っていた時は、毎週のように会って飲んでいたけど、卒業してからこの4人で会って飲むのは4年振りくらいでした。

でも、再会した瞬間、何年も会っていなかったのはうそのようで、昔からの友達にすぐ戻りました。今はどうなっている、昔はあれしたこうした、と話があちらこちらに飛んで、23時過ぎになり(名古屋の電車は早い)、あっという間の数時間でした。

 

言われたコメントの中で、印象的だったのは、「病気から良くなって良かったけど、状態が悪かった時の〇〇〇(わたし)に、連絡をこちらから取らずに、ほんとによかったんだろうか、とずっと思っていた。」と言われたことでした。

年下の1人(男性)からは、

「ほんとに心配で、有志会(彼は2年前くらいに卒業)でも、最後に出てくる話題は〇〇〇さん(わたし)のことでした。休んでいるときに声をかけるべきか本当に迷っていました。考え抜いた結果、声をかけない、そっとしておく方を選びました。あれだけ仲が良くて、一緒に勉強して遊んだ〇〇〇さんに対して、連絡をしないでほっておいたのは、ほんとに良かったのか、どうか分からないまま、過ごしてきました。葛藤しました。ずっと悩んでいて、こころに引っかかっていました。でも、こうやって〇〇〇さんが回復して、東京から会いに来てくれたのは、ほんとうにうれしかった。ほんとうに良かったです。

と、涙目で言ってくれました。ほんとうに涙が出るくらいうれしかったです。

スクールに行っていたとき、特に男友達の2人とは、「一生の友達でいよう」と誓い合いました。けど、しばらく会えなかった。病気になって、元気のない自分の声をさらしたくなかったし、会うなんてエネルギーもなかったし、痩せて病んだ自分を見せたくなかったのです。人とのラインを保てという私の説はこのときはありませんでした。もしかしたら、メールを時々したり、電話で話したり、会ったりしてたほうが回復が早かったかもしれません。でも、あの時はできなかった。ただ、やっぱり、こころには引っかかっていました。

だから、彼のことばは、わたしのこころの琴線に触れたんだと思います。

 「また会おう、また」と言って、3人と強い握手をして別れました。今度会えるのは10月、今度は参加者を広げよう、と言って。

 

ちなみに、終わり間際に、4人の写真を撮って、フェイスブックにアップしたら、「なぜ私を呼ばん!?」と酒好き(すぐつぶれて記憶をなくす)の女友達から、クレームが速攻で入っていました。。

 

写真は、3人と別れたあとの、名古屋マリオットです

周辺が再開発で(あの名古屋ビルングも取り壊された)、工事中のエリアが多かったです。写真の下に写っている黒いものは、名古屋駅に向かっている人たちです。

 

翌日の有志会のメンバーに聞いたら、今や名古屋の夜は、名駅名古屋駅を東海の人は「めいえき」、と言います。ちなみに、東海で「めいだい」って言ったら、明(治)大ではなくて、名(古屋)大になります)周辺に人がすごく集まってきて、金曜の夜に名駅周辺で飲もうとしたら予約なしでは入れないとのこと。一方の雄の栄は、地盤沈下が激しくて、リニアが27年に名駅に来ることもあって、どんどん名駅周辺にヒト・モノ・カネが集中してきている、と言っていました。

f:id:koyamanglobal:20150713020104j:plain

さて、せっかくなので、名古屋に泊まったし、余談として名古屋事情も。

  • ホテルの予約が取るのに苦労した:外国観光客の増加に伴いか、前回も苦労したので、今回は3週間くらい前にBooking.comで予約しようとしたけど、空きのホテルがなかなかなかったです。一泊1万円以下が無くて、一泊2〜3万円以上のばっかりでした。前は、マリオットアソシアホテルに並列してあった、名古屋駅内のホテルアソシア名古屋に泊まっていましたが、それも10年に再開発のため閉館してしまい、名駅周辺のホテルは需要に対して供給不足が続いているのでしょう。

www.booking.com

やっと、見つけて泊まったのが、ロイヤルパークホテル名古屋でした。

ご宿泊|ロイヤルパークホテル ザ 名古屋|公式サイト

一泊11,000円、それほど部屋は広くはなかったですが、

  1. 以前あったビジネススクールの対面で土地勘があり、1階がファミマで便利、最近できたので新しい(フロントで聞いたら2013年12月だとか)
  2. チェックアウトが11:00で余裕がある
  3. 部屋は狭いけど、機能的で、シック。ベッドも硬すぎず柔らかすぎず丁度いい
  4. 3と似ているが、雰囲気が、名駅周辺のホテル(マリオットは別として)には珍しく都会的。対面のキャッスルプラザホテルに日曜入ってみたら、おばちゃんばっかだった
  5. 余談:チェックイン時はわたし以外は全部外国人だった。狭いロビーにも外国人ばっか。欧米の人もいたけど、やはり中国系の人が多かった。名古屋でもか、という感じだった。これでは宿泊予約に苦労するわけだ

次回、名古屋に来た時もここを利用しようと思いつつ、チェックアウトしようと出ようとしたときに、壁の鏡の下の、小さい机の下の棚に(新約)聖書を見つけました。

いつもなら、ページをめくるまでもなく、そのまま置いて出て行ってしまうのですが、なぜか今回は(恐らく佐藤優さんの影響でしょう)ぱらぱらと開いて読んでみたら読み易そう。目次に、「愛する者が亡くなった時」「家を離れて遠くへ行った時」「意気消沈した時」などと、その人の状況別に読めるような目次になっているところが気に入りました。あと、1ページの右半分に日本語、左半分に英語となっているのも、勉強になりそうで気に入りました。

f:id:koyamanglobal:20150713020325j:plain

これは、聖書を読んでみる(というより見てみる)いい機会だと思い、アマゾンで「日本国際ギデオン会 新約聖書」で欲しいものリストに入れておこうと思って、アマゾンで検索したんだけど、出てこない。。

f:id:koyamanglobal:20150713020248j:plain

時間がないので、フロントに電話して、置いてある聖書を買うのにはどうしたらいいか聞いてみたら、少し時間がかかるのでチェックアウトの時に申し上げますと言われました。

んで、チェックアウトの時に聞いたのは、「在庫を差し上げます」とのこと。これはラッキー!と思い、新品を頂き、うれしかったです。さあ、果たして読めるか。。折を見て、好きなページを開く、目次を見て、自分の今の状況に似た表現を探して眺める、、てな感じで、ゆるく付き合えたらと思っています。

帰りの車中で、「日本国際ギデオン会」のHPをスマホで見てみたら。。

www.gideons-jp.org

新約聖書を、ギデオン会員の手から無料で配布・贈呈しているらしいです。個人贈呈用とかホテル贈呈用とかあり、わたしは、ホテル用のを、「特別に、というか禁じ手で」頂いたらしいです。なので、ほんとは、ここでアップしてはいけないのでしょうが、ロイヤルパークホテルのスタッフの方のホスピタリティーと、この「日本国際ギデオン会」の新約聖書のとっつきやすさ(まわしもんじゃないです^^)を、読んでくださっている皆さんに知って頂きたく、アップすることにしました。

 

下は、その新約聖書を入れるために頂いたホテルの袋。なかなかシックですよね。

f:id:koyamanglobal:20150713020217j:plain

 

以上、貴重な思い出となった名古屋旅でした(変な?おみやげと一緒に)。

かけがえのない一生の友とまた会えることができるようになった幸せをかみしめながら。

 

ここまで、長旅^^お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

ではでは。